テスト勉強をしている時に、勉強しろしろ言われない方が成績が良くなる?

多分、中学生や高校生の子供が居る!と言うお宅なら必ず経験している事だと思うのですが、中間テストや期末テストの前のテスト勉強期間中に何度も子供に「勉強しろ!」とか命令口調で言ってしまっていたと思うのです。

この「勉強しろ!」は子供にとってはかなりのプレッシャーになっているので、繊細な子はストレスが過剰に溜まってしまって勉強する事に対して拒絶反応が出てきてしまう事もあるので、かえって逆効果になってしまう場合もあります。

また、何度も何度も言われていると反抗意識が高まってヤル気を無くしてしまう子も多いので、出来ればあまり命令口調で「勉強しろ!」とは言わない方が得策です。

では一体、何を言ったら勉強してくれる様になるのか?と思った親の皆様、実は特に「勉強しろ!」とか言わない方が彼等は勉強しやすかったりするので、何も言わないで放置していた方が良さそうです。

何も言われない方が逆に不安になって、自分は期待されていないんじゃないか?と思い込んで、自分から勝手に期待される様に勉強し始めるのです。

もしくは、五月蠅く言われなくなって清々した!と言う感じで、ようやくヤル気を出す人も現れるので、親からの勉強をさせようとする圧力は不要だと認識してみてください。

今の時代の子供は結構色々と自分で物事を考えられる子が多いので、親が過剰に接する時代は終わったと思った方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする