日焼け止めは年中塗った方がイイ理由

季節が移り替わってようやく秋の日差しになって来ましたが、この頃になると急にガクンと日焼け止めの売り上げが下がると、ドラッグストアにお勤めの友人が言っていましたね。

夏の日差しからは肌を守ろう?と思う人は多い様ですが、秋の日差しを浴びても特に危機感を感じない?と言った所なのでしょう。

しかし実際は、年中無休で陽射しからの脅威は降り注いでいるので、出来れば毎日欠かさず一年中日焼け止めを使って欲しいですね。

この世に太陽が存在している限り、紫外線は降り注いでいるので、当然秋でも冬でも長時間直射日光の事の肌が晒され続けていたら日焼けをするのです。

スキー場に行ってスキーやスノボをした経験のある人なら分かると思いますが、空からの光が雪で肌に反射して顔が真っ黒に日焼けしてしまった!と言う人は結構多いと思うのです。

冬場の雪山での日焼けは雪焼けとも言いますが、れっきとした紫外線が原因の日焼けなので、日焼け止めを塗っていれば真っ黒にならずに済むのです。

それに、あんまり真っ黒な肌を長期間維持し続けると、シミやそばかすが発生しやすくなったりもするので、出来れば日焼け止めは冬でも秋でも塗って欲しいですね。

と言う事で、最近ドラッグストアに行っても日焼け止めを買ってないな?と思った皆様、出来ればいつでもどこでも日焼け止めを塗って、黒くない肌を目指して欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする