将来定年退職した後に何もやる事が無い人は、何か生き物を飼うと良い

会社勤めの頃は、仕事仕事仕事が日々の生活の全てで、趣味も特に無くて家に帰って来たらほぼ寝るだけの様な生活を送っていた人が、急に定年退職して一日中何もすることが無い状態になると途端に衰えて認知症になってしまう事もあるそうです。

家に帰って来たらやる事があったり、休日には何かの趣味に没頭していた!とか、何かしら心を傾けられる事が無いと急激に人は老化してしまうそうなのですが、本当に全く趣味らしい趣味が無い人もかなり多く存在しているので、何かしら人生をそこに費やせる趣味を見つけて欲しいですね。

でもどうしても自分でやりたい事が見つからないと言う人は、何かしらのペットを飼ってみると良いかも知れません。

賃貸アパートやマンションだから犬や猫は飼えないと言う場合は、水槽を買って来て金魚や熱帯魚を買ってみるのもお勧めです。

ブクブクやろ過機の稼働音が低温で響いて近隣の部屋に響くのが心配だと言う場合は、水草とメダカだけを入れたビオトープ風味の水槽にして、ブクブクを1個だけにしてみるのも良いかも知れません。

ビオトープ風味なら水をろ過しなくてもその水槽の中で自然環境を再現してくれる様になるのです。

草が育ってメダカが泳いでいる様を見ているだけでも楽しいと思ったら(感じた人は特に)、かなりお勧めです。

他には、植物を育ててみるのも良いかも知れません。

食べられる作物やフルーツが育つ植物なら、早く食べられる様になるまでの世話が楽しいと思います。

と言う感じで、何か生命を感じられるものを飼育したり世話する趣味を持って、残りの人生を楽しんで欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする