眠気をどうしても晴らしたい人は、コーヒーじゃないモノを口にする

夜、深夜帯に活動しようと思うと、急に今日から活動する!と言う人は特に眠気との戦いになるかと思います。

普段から夜型生活を送っている人には特に苦痛でも何でもないのですが、急に一念発起して夜活動しようとすると、眠くて眠くて仕方が無いと思うのです。

そんな時、普通の概念と言うか普通の常識?の世界ではコーヒーなどのカフェインの多い飲み物を飲んだりする事が多いと思いますが、コーヒーを飲むとコーヒーに含まれる利尿成分の所為で何度もトイレに行きたくなってしまいます。

出来れば、集中力の上がっているタイミングでトイレに行きたくなりたくないと言う人が多いと思うので、眠気がスッキリ晴れるのにトイレに行きたくなりにくい「何か」を口にした方が良さそうです。

その「何か」ですが実はラムネ菓子を食べるのがお勧めです。

と言うのも、ラムネ菓子の原材料はほぼブドウ糖で、含有量は90%にもなります。

つまり、ラムネ菓子を食べる=ブドウ糖を食べている事になるのです。

人間の、脳の栄養源はブドウ糖なので、ブドウ糖を摂取すると脳の活動が活発になるので、それで眠気を飛ばすことが出来ると考えられるのです。

と言う事で、これから夜更かしして作業や仕事や勉強に打ち込みたい!と言う方は、コンビニやスーパーでラムネ菓子を買って来ると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする