幅広い時間帯で取引できる上に銘柄も選びやすいFX

お金を増やす方法は色々ありますが、株に注目している方も多いです。

しかし株は、動いている時間帯は若干制限されてしまいます。

幅広い時間帯で取引したいなら、FXの方がおすすめです。

銘柄選びのメリットも大きいです。

株取引の時間帯のデメリット

株は、確かにお金を増やすことはできます。リスクはあるものの、上手く取引すればお金を稼ぐ事も可能です。


しかし株価はずっと動き続けている訳ではありません。基本的には午前中からお昼過ぎの時間帯に限定されますから、夜の時間帯に取引できないのです。


サラリーマンの方々は、昼間はとても忙しいです。昼間はお勤め先で作業する必要がありますし、なかなか株で取引することができません。

勤務している時間帯と重なってしまうのは、株のデメリットの1つです。

忙しい方でも取引しやすいFX

FXの場合は、そうではありません。

株よりも遥かに幅広い時間帯で取引できます。


例えば夜の21時などに取引する事も可能です。

21時でも外貨のレートは動いているからです。

そうかと思えば深夜の2時などでも外貨のレートは動いています。


昼間は忙しい方々にとっては、それは大変助かります。たとえ昼間に取引できなくても、夜間なら取引できる事もあるでしょう。

現にサラリーマンの方々は、仕事から帰ってきた事に夜に取引している事も多いです。


しかもFXには自動売買というツールもあります。金融会社が提供しているシステムで、取引を代行してもらう事も可能なのです。


たとえ昼間の時間帯でも、取引を代行してもらうことができます。

昼間は会社で作業している間も、そのシステムで自動的に取引してくれるだけでも、だいぶ助かります。

株のように銘柄は多くないFX

ところで株を始めますと、銘柄を選ぶのに苦労してしまう事があります。

そもそも上場している会社の数は、非常に多いです。

その中から1つだけ会社を選んで、取引をしていく事になります。


銘柄を選ぶ時には四季報を活用するケースも多いですが、WEBのシステムを活用して簡単に検索する事もできます。

現に、WEBで銘柄を選んでいる方も多いです。


ただ株の銘柄は、決して数は少なくありません。

それこそ数千社ぐらいありますから、自分にとって最適と思われる会社を選ぶだけでも一苦労です。


その点FXの場合は、あまり種類は多くありません。

メジャー外貨であれば、せいぜい10種類前後になります。

株ほど銘柄の数は多くありませんし、かえって選びやすい一面があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする