高金利な外貨で取引できるFXとリスクを低くする方法

FXは、長期的に金利で稼ぐ事ができます。

スワップ金利に注目している方も多いです。

その方法で取引するなら、基本的には買い注文することになります。

ただ外貨のレートは下がる可能性もあるので、リスク対策も必要です。

・外貨の手数料が低めなFX

FXは、外貨でお金を動かしていく事になります。

海外のドルやユーロなどの外貨で、資産運用していく訳です。


ところで外貨の大きな特徴の1つは、金利です。

預金商品の金利を見てみると、かなり高めになっています。

例えば銀行が提供している外貨預金の場合、全体的に金利は高めです。

日本円よりは金利が高めですし、外貨預金での資産運用を検討している方も少なくありません。


ただし外貨預金には1つデメリットがあって、手数料は少々高めになります。

FXと比べると、明らかに手数料は高いです。


幸いにもFXでも高金利外貨で取引することはできます。

トルコリラなどは、かなり金利は高いです。

それで買い注文して、取引している方も少なくありません。

・レートはずっと上昇する訳ではない

ところで1つ注意を要するのは、外貨のレートは上昇し続ける訳ではありません。

下がってしまう事も実際あります。


例えばある時の南アフリカランド円のレートは、8.0円だったとします。今後はランド円のレートは上昇すると予想したので、買い注文しました。

買った以上、もちろんレートが上がってくれれば利益になる訳です。


ところが予想に反して、ランド円のレートは7.0円にまで下がってしまいました。

下がった以上は、含み損の状態になってしまう訳です。


FXで取引するなら、上記のような下落リスクも想定する必要があります。

想定しておかないと、予想外の利益で損失を被ってしまう事もあるので、注意が必要です。

・複数枚数で取引してリスクを低く抑える

しかし手法を工夫すれば、スワップ金利で利益を稼ぐ事もできます。


例えば複数枚数で取引してみるやり方があるのです。

手持ちの投資資金が80万円の場合、8円というレートの時に80万円分の取引をするのではなく、8万円分にしてみるやり方もあります。

もしもレートが7.0円に下がった時は、改めて8万円分のランド円を保有します。

さらに6.0円に下がった時は、追加で8万円といった具合です。


上記のように複数の枚数で取引してみると、かなりリスクを抑えられる事もあります。

その他にも手法は色々ありますが、外貨の金利で稼ぐ事もできますし、複数枚数での取引も行ってみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする